◆東尋坊ってなに?

東尋坊とはサスペンスドラマにも使われる日本で一番有名な断崖で、
福井県坂井市にある越前加賀海岸国定公園に属した観光名所です。

長年の海食によって削られた岩肌が、
高さ約25mの切り立った岩壁となって約1kmも続いており、
その規模と独特の地形から国の天然記念物および名勝に指定されています。

また輝石安山岩の柱状節理は地質学的に貴重とされ、
東尋坊ほど大規模な柱状節理は日本では他になく、
世界中を探しても三箇所しかないと言われており、
柱状節理世界三大絶勝の一つとなっています。

その地質によって世界的にも有名な観光スポットとされ、
国内外問わず観光客が訪れる場所となっています。

旅行する際はお金がかかりますので、
キャッシングを利用する人がいるかもしれません。
またキャッシングする女性の配偶者ってどうなの?にもあるように
女性にも利用しやすい業者もありますのでオススメです。

東尋坊

名前の由来は東尋坊の坊と名前が付く通り、
乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買ったことから
突き落とされた僧兵によるものとされています。

この悲恋による物語と、切り立った断崖と荒々しい波による迫力ある景観から、
自殺の名所としても全国的に有名ですが、地元住民の積極的なパトロールを行ったり、
各種取り組みによるイメージアップを図ることで、
自殺者は年々減少しているとされています。

東尋坊には太陽が水平線に沈んだ直後に、
緑色の光が一瞬だけ放たれるグリーンフラッシュと呼ばれる現象を観測することができ、
このグリーンフラッシュを見ると幸せが叶う、
その愛が永遠になるなどの言い伝えがある神秘的な場所にもなっています。